I君ありがとう!1部屋ご契約

12月以内に2部屋の空き部屋がご契約いただけるのかどうか、
とても緊張している日々を過ごしています。

そんな時、1本の電話が、

『大家さん、1部屋申し込みを頂きました。』

管理をしてもらっている賃貸管理会社の『I君』からの電話だ!

I君は、30代前半の賃貸営業マン!
社歴(不動産賃貸会社勤務歴)は、8年くらいです。

県内でも、トップ5に入るくらいの、
『契約屋』と言われる存在!

サッカーで例えますと、
サガン鳥栖で引退した、元スペイン代表のフォワード、
『フェルナンド・トーレス』(点取り屋)
のような存在。

そんな彼から、
『家賃減額無し、敷金1カ月・礼金1カ月で契約させて頂きます。』
という嬉しいお電話。

ありがとうございます!

I君にお礼金持っていきます!

今後も宜しくお願い致します!

ところで、
入居者を契約する確率が高い賃貸営業マン(ウーマン)を知っていますか?

自分の物件を管理してくださっている会社の賃貸営業の人達と、
小まめにコミュニケーションをしていると、
『契約率が高い営業マン(ウーマン)』
というのが見えてきます。

契約率が高いとは、
インターネット反響や来店してきた入居希望者に対して、
接客した人数に応じて何件契約を取れているか、
という事です。

例えば、
10件の接客をした賃貸営業マン5名がいるとします。

1人は、10件中6件の契約、
残り4名は10件中3件の契約、

断然、10件中6件の契約を取れる人が優秀ですよね!

打ち合わせや、細かなコミュニケーションをする際には、
この『契約が取れる人』をよくチェックしましょう!

ちなみに私は、このI君に1週間前に相談しています。

『I君、
 最近、私の物件での契約はI君の名前が出て来なくなっ
 たけど、
他の管理物件で忙しいかな?
 よかったらI君の力も少しお借り出来たらな。
 と思ってて。』

もちろん、
手ぶらでは会いに行きません。

その賃貸会社の社員さんの人数×2くらいの高級お菓子(和菓子)
をお渡しし、誠意をもって相談しました。

併せて、賃貸営業の人達に、
『お礼金制度』のご説明!

加えて、契約率の高い社員3名に、
『深々と頭を心より下げて、お願い申し上げる』

本当ですよ!一般管理物件の空き部屋は死活問題です。
大家さんの経験が無い方には、
『あの人はアパートマンションがあるから裕福だろうな』
なんて思われますが、

なんのなんの、
『ストレスも倍は持つことになりますから!』

固定資産税の多額な税金の出費、

空き部屋のストレス、

賃貸管理会社とのお付き合い重視、

物件の清掃状況、

毎月の銀行返済、
エトセトラ、エトセトラ、

大家さんには共感できるお話だと思います。

所有した時は感動しました!
それから1年もしないうちに、
『大きな不安と覚悟を改めて決める日々!』

何はともあれ、

『 I君、ありがとう!
そして、もう1部屋が空いています!
また忘れられないように、訪問します!(笑)』

『本音で語る不動産屋さん(ホンカル)』は、
370記事以上の【現代社会問題や時事ニュース】
不動産屋の視点より記載しています。
全記事が無料見放題となっていますので、ぜひ『読者登録』をお願いします。
不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!