意外な『不動産屋』のイメージ

皆さんは不動産屋や不動産業者にどんなイメージをお持ちでしょうか?

不動産に関わっている人なら、あまり気にしない事だと思います。

しかし、不動産に関わりがない人にとっては、
『怖いイメージ』
を持たれている人も少なからずいるようです。

おそらく、昔のテレビや映画の影響も大きいのでしょう。

大昔には、
不動産屋は『ゴロツキ』、
証券マンは、『ばくち打ち』、
銀行マンは『金貸し
保険営業は『詐欺師
と、お酒の席で冗談を言われることもあったそうです。

不動産の大昔のイメージとしては、
貧しい家族を無理やり追い出す『立ち退き屋』
その土地を手に入れるために手荒い事をする『地上げ屋』、
土地を安く買って、素人を騙し高値で売りつける『土地ころがし
などなど、悪徳のイメージもあるようですね。

たしかに、
数十年前にはそんな人もいたのでしょう。
しかし、時代は平成、そして令和となり、
不動産業界も益々ホワイトカラーな会社が増えてきました。

というよりも、
ホワイトカラー(良心的な会社)でないと、
末永く営業を続けられない世の中になった
という事です。

今は、法の下、警察が最も強い組織です。
暴力団排除条例』『弱者保護』
の観点が重要視されているこの世の中で、
悪い事』をする人には、早々な処罰が待っています。

更に悪質だと判断された場合には、
『業務停止』や『罰金刑』、
さらに『実刑による刑務所行き』も起こり得ます。

たしかに、現在においても
お金をくすねる』人間もいます。

しかし、それは不動産業界に限らず、どの業界でも同じです。

つまり、今はどの業界もクリーンになってきているという事です。

1番の判断基準は、
口コミ』です。

人も会社も、多くの人に評判が良いのであれば信頼できそうですよね。
反対も然りです。

不動産業界に関わろうとする全ての人へ、
『誠意と地道な努力』
をすれば、誰にでもチャンスがある業界だと知ってほしいです。

あなたにおすすめの記事
👉『できる不動産業界の営業マンとは
👉『転職』を考えている人へ大切なこと

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!