とある不動産や(赤い涙の15話)

狐との最終決着が目的のAは、事務所の前で目を閉じた。

これから、自分の人生が終わるかもしれないという現実と、
ここで狐をやらないと、おじさんや●●子や少女の命が危ないという責任感。
そして、自分の中にくすぶる『スリルと死』を感じることで生を感じる事ができる自分の本性。

Aの目は、しっかりと開いて、前をまっすぐに見た。

Aは、小細工は使わない。
正面玄関より堂々と侵入したAは、2本の漆黒の警棒と暴力を全開に開放し、
瞬く間に狐がいる部屋へと向かう。

まさしく、『鬼神のごとし』とは、今のAの事を言っている。
鬼の形相と悪魔の狂気をまとい、Aは次々にヤクザをのしていく。

途中で、銃を発砲してくるヤクザもいる。

Aは、左耳、左太もも、右腕に銃を受け、痛手を負った。

それでもAの勢いは止まらない。
まるで、手負いのオオカミが、命の最後の灯まで戦うかのように、
Aの狂気は増していく。

Aが、狐のいる部屋に入った瞬間に、狐はAに襲い掛かって来た。

(狐)
『すごい殺気だな。とても心地いい。
お前がわざわざ出向いてくれたのも助かる。
この間のヤクザ殺しの証拠としてお前を親分に差し出し、

ヤクザとしても男としても俺は名を上げる。
ここでお前の人生は終わりだよ。』

狐も狂気をむき出しにしてAに向かってくる。

Aは、狐と戦うまでに相当の痛手を負っている。
徐々に、狐がAを追い込んでいく。
それでもAは、全く引き下がらない。
動かなくなる体とは反比例し、狂気は最上級に達する。

外にいる鳥たちは、Aの狂気を察知して逃げ出し、
近所の赤ん坊が突如泣きだす。
地震が起きているような、地鳴りが聞こえてくる。

Aは、残り少ない余生の全てを『狂気』に託した。

Aの狂気にのまれた狐が、徐々にAに追い込まれていく。
狐の体も重傷を負っていく。

狐の命もわずかになって来たころ、狐も『狂気』を絞り出す。

Aの体が一瞬よろめいた瞬間、
狐は、二本の鋭い指を立て、Aの両眼を突き刺した。

Aの両目の視界は、わずかにしか残っていない。
Aの両眼から赤い血の涙が流れ始めた。

この勝機に、狐は小刀を持ちだし、Aの腹部を鋭く刺した。

勝った。』と、狐が思った、まさにその瞬間、
Aは、不思議な感覚に包まれた。

Aの脳裏に、
『赤い涙を流している、まだ幼い4歳の少女の姿』が浮かび上がった。
そして、
Aに一瞬だけ、狂気が戻る。
残された狂気で、Aも二本の指で狐の両眼を鋭く刺した。

そして、腹部に奥深く刺さっている小刀を自ら取り出し、
両目から同じく赤い血を流している狐のもとにすりよる。

二人とも、命にわずかな時間しか残されていない。

Aは、狐の喉元深くに小刀を刺し、
そこから狐の心の臓まで、切り刻んだ。
狐の苦しんでいる断末魔は、まるで死神が好きな音楽のように響き渡った。

倒れ、死んだ狐。
ゆっくりとAは、部屋のソファに座る。

今までの狂気が『すっー』と消えていき、
Aはゆっくりと大きく息をする。

Aの心臓の音は、やわらかく、そして静かに鼓動を打つ。

とても楽しませてもらったお礼なのか、
サービスなのか、
『死神』がAにピアノを演奏しているような空間となる。
曲はベートーベンの『月光』。

まるで、ベートーベンの『月光に寄り添うように、
暗く、静かに、Aは命の終わりを待っている。

続く。
(明日の投稿で、最終話となります。)

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!