勘違いしている『物件オーナー』

一般管理契約物件やサブリース(一括借上契約)物件を所有している物件オーナーの中には不動産賃貸経営について『勘違いをしている』人がいます。

まず大きな勘違いの一つとしては、
『賃貸会社』を自分の部下か使用人だと思っている人達です。

不動産業者と大家(物件オーナー)は持ちつ持たれつの
『フィフティーフィフティー(対等)』の関係になります。

大家は少しでも高い家賃で満室経営をしたいと思う人が多いですよね。
さらに細かい事を言えば、
『家賃滞納トラブル』や『入居者クレームトラブル』
を少しでも減らしたい、もしくは管理会社にお世話になっていると思います。

賃貸管理会社としては、
入居者契約やお部屋の更新に伴う『手数料』を頂き、
管理している物件からは『管理料金』を頂く代わりに、
入居者、建物トラブルの窓口対応を行い、家賃回収及び物件オーナーへの確実な入金業務』を実行致します。

最近の物件オーナーの中には、
『物件が綺麗かどうか、きちんとしろ❕』ですとか、
『こんな事ならお宅の会社に任せるんじゃなかった❕』
なんて事を口にする人が増えている気がします。

たしかに、
物件オーナーの中には『営業マンに都合のいいことばかり吹き込まれた』とか『会社が大手だから、どんな時代になっても全部任せておけば大丈夫だと信じていた』と発言する人の気持ちは察しますが、世間では通用しない戯れ言だと思います。

不動産における『事業』とは物件オーナーが『事業主』になります。
つまり、不動産賃貸管理業を一番勉強して、
賃貸経営に一番力を入れなければいけないのは、
『物件を所有している大家(オーナー)』になります。

もちろん、
賃貸管理会社も責任ある賃貸管理業務を遂行するプロとしては誰よりも勉強し、スキルを持つ必要があります。
よって『大家と賃貸管理会社はフィフティーの関係』が成り立ち、
良い相乗効果により安定した賃貸管理が実現すると思います。

賃貸管理会社に不満や文句ばかり言う物件オーナーは、
賃貸管理会社と解約して、別の管理会社に力を借りるか、
自分で賃貸経営をしてみたらいいんです!
どれだけ自分が甘ったれた世間知らずの事業主なのかを否が応でも知れるでしょう。

賃貸管理会社も同様です!
『あの物件オーナーは非協力的だから賃貸管理がやりづらい、正直あんな口ばかりの大家は嫌いだ』と思う不動産業者もいるでしょう。
人間なんですから当然です。
それなら賃貸管理会社から物件オーナーに解約を申し出ればいいんです
無理に関係を続けてもお互いのビジネス損失は膨らみ、
ストレスがお互いに増えるばかりで何の得もないかもしれません。

不動産業、不動産賃貸管理業、不動産賃貸経営は『事業』です。
どんな綺麗事を言っても『人間の欲』が原因の『欲産業』の一つに位置します。

そうであれば、自分の『欲』を満たすための事業パートナーは、
素直に誠実に、
しかし確実に『ビジネス価値があるかどうか』を基準とした判断が必要だと思います。

『本音で語る不動産屋さん(ホンカル)』は、300記事以上の
【現代社会問題や時事ニュース】を不動産屋の視点より記載しています。
全記事が見放題となっていますので、ぜひ『読者登録』をお願いします。

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!