家に帰ったら知らない外国人がたくさん

3DKに3人でシェアハウスしていた友人の話です。

その友人は以前は車で生活をしていたから、家があるだけで嬉しかったそうです。

職場も近く、飲み屋街のそばで、飲んで歩いて帰れる幸せを感じていたそう。

そしてなんと言ってもそんな立地のいい場所で家賃は一人2万円!経済的にも最高に魅力的!

その日も仕事終わりに飲みに出かけていた友人。

夜中までたらふく飲んで、ちどり足でシェアハウスに帰宅しました。

いつものように家の扉を開けると・・・

なんと外国人が3DKの狭いリビングに7人も雑魚寝をしているではありませんか!

一瞬えぇ!?とは思ったものの、

でも、友人はものすごく眠たかった・・・

ちなみに自分の部屋は物がたくさんで物置状態、いつも今7人の外国人が寝ているDKで寝ていた友人。

だからその日も外国人が雑魚寝してひしめき合う狭いDKで何事もなかったかのようにその横で雑魚寝をした友人でした。

朝起きた外国人は、見知らぬ友人を見つけ、かなり驚いたのでしょう。

友人が朝起きると、外国人とシェアハウスに同居の友人が英語で揉めていたようです。

「なんで知らない日本人が俺たちと一緒に寝ているんだ!」←英語。

シェアハウス同居の友人は外国人たちをなだめてお見送りをしました。

お見送りが終わったシェアハウス同居の友人が、

「民泊始めたんだ。だから今後は帰ってくるときは予め連絡ちょうーだい」
と。

えぇ!?

友人に相談せずに勝手に民泊を始めたらしいのです!

なぜシェアハウスで2万円も出費しているのに帰宅するときは友人に電話しないといけないの?
マジしんどいなー。

そう思い、

友人はシェアハウスを解消し、車生活に逆戻りしたようです。

古い中古車を再調達して、へんぴな場所の駐車場を1台借りたと言っていました。

シェアハウスに同居の友人に文句の一つも言わず、自分から身を引き明るく前向きに車生活に戻っている友人!

私は彼をとても尊敬します。私だったら絶対に文句を言うし、自分から身は引きませんから(笑)

友人はある意味、どんなときも明るく強く前向きに生きていける、最強に不景気に強い、タフガイだと思っています!

そんな彼の今の夢は、
「夏までにエアコンが効く車を手に入れること。」


夏までに手に入れてほしいと私は心から願っています。

あなたにおすすめの関連記事
👉「駅が近い」が1番の賃貸ニーズに
👉不動産への影響(コロナによる経済変化)

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!