AIバブルの終わり!選別の時

近年、AI(人工知能)の進化に伴うサービスの向上が目立ち、我々の暮らしを変えて来た。

例えば、スマートフォンのゲームアプリ!
将棋、麻雀、主婦層が好きな無料ゲームポコパン、シンクシンク。
子供向けのゲームアプリも大盛況。

他にも、SMBC日興証券などの証券会社・金融機関が使っているAIによる購入株式銘柄の選定。(AIが過去の株価の動きや取引高から自動で株式を選別する

住宅ローンでは過去の審査状況からAIが不正融資の利用者を選別するシステムもある。他にも省エネ化の実現にAIの空調自動調整機能も貢献している。

しかし、アメリカのシリコンバレーや中東のシリコンバレーと呼ばれている
イスラエルでは新たな進化を遂げているAIスタートアップが続々と登場している。
イスラエルではIT(情報技術)を活用する「デジタルヘルスケア」のスタートアップ企業が次々生まれた。
個人の医療データを蓄積し、医療機関や企業が治療計画など含め便利に利用できるシステムが多いとの事。
8年前からすると開業数は倍増し、550社となった。
当然、日本という医療大国への進出もしてくる。

これから日本のIT産業やAI産業は、その技術やシステムが世界の強豪たちと比べ何が優れているのか、どんなサービスに適用するのかなど、もう一段階超えた形を提供しなければ海外勢に市場を取られる可能性が高い。
特に、中東イスラエルやインド系のIT会社は優秀で、かつ、日本より格安で提供してくる。
日本人の感性だけで仕事をしていると、今の職を失う可能性も感じます。
≪関連記事≫👉人工知能(AI)・ビックデータの欠点

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!