スピード融資に殺到中

新型コロナウイルス感染拡大による資金繰り難を受け、
中小企業が迅速に資金を確保できる融資の利用が増えている。

三菱UFJ銀行では人工知能(AI)が審査し、最短2日で融資実行をする融資申請が殺到している。
中小企業向けの「オンライン融資」だ!
AIが企業(法人)の信用力を分析して、融資の可否を判断する仕組み。
申込件数は昨年末に比べ、約3倍の数百件に上った。
融資実行件数も2倍強の水準だ。

金利は最大で4%引き下げる優遇措置もある。
業績を示す書類は不要最大で1千万円の融資額とのとこ。

同行のカードローン利用者も増えている。
個人向けカードローンは前年同月比(3月水準)で100億円ほど
伸びている。
しかし、カードローンの金利は低くない、
確かに手続きは簡単だが、後々の返済の事や資金繰りを考えると
お得とは言えない。

生命保険会社(大同生命やエヌエヌ生命など)は金利0%
保険契約の保険を担保にスピード貸出を行っている。
早い方で申請から1週間以内には現金が入る。
≪参考記事≫👉保険会社 金利ゼロ%

現在の個人・中小企業にはスピードが求められている。
政府が検討中の現金給付にはスピードも金額も不明確だ。
今日明日をどう凌ぐかで悩んでいる国民を救えるのは
政府ではないのだろうか。

☆≪関連記事~トピックス≫☆
👉現金を作る方法
👉中小企業へ無利子無担保融資

不動産投資ランキング

👆👇励みになります!応援クリックよろしくお願いします★


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください