資産4.5兆円 ソフトバンク売却

23日、ソフトバンクグループは保有する子会社の株式など
資産の最大4兆5千億円分を売却し、現金化すると発表した。

ソフトバンクのここ最近の株価は新型コロナの影響による世界的な株安を受け、株価の価値が日に日に下がり続け前日までの株価は2月に比べ半値以下の水準となった。

23日に孫正義会長兼社長が、
「ソフトバンクは4.5兆円もの資産売却を行い、現金化し、
当社史上最大の自己株式取得を行う。」

と発表したところ、当日の株価はストップ高を記録した。

ソフトバンクグループが保有する全体での総資産は、
株式を中心に約27兆円
今回売却するのはその17%に及ぶ。

今回のソフトバンクグループの資産売却は同社だけではなく、
おそらく日本国内企業が手元資金を厚くするために今後加速する
経済動向の一つだろう。

【関連記事~トピックス】
👉節税・申告精査 本気を出す国税局
👉半沢直樹 続編が4月19日より放送スタート

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!