日銀、金融緩和12兆円 

日銀、金融緩和 12兆円

日銀は16日の金融政策決定会合で、
新型コロナ感染拡大による経済活動の停滞と
金融市場の混乱を踏まえ、金融緩和策を決定しました。

日銀の追加緩和は2016年7月以来、3年8カ月ぶりです。

15日に緊急追加利下げを決めた米連邦準備制度理事会(FRB)と協調し、多くの株式を集めて作った上場投資信託(ETF)の
購入枠を現在の年間約6兆円から約12兆円に倍増し、
企業の資金繰り支援策も決めました。

黒田東彦総裁は記者会見で、
『追加策も辞さない考え』を示した。

景気の先行きについては
「一定期間、低成長が続く恐れがある。
ただ、それがリーマン・ショックのようになるかと言われると、現時点ではそういう風には見ていない」
と発言。

しかしながら、
今日明日が生活に直結する人たちは一体誰が救って
くれるのでしょう。

生活困難な方々にはすぐにでも収入支援を実施し、
消費税を一定期間なくし、一般的な融資を受けやすくし、
市場にお金という血液が循環できるような対策を望みます。

【注目記事】
👉リーマンショックから学ぶ不景気バブル
👉新型コロナ対策 経済対策実施

不動産投資ランキング

👆👇励みになります!応援クリックよろしくお願いします★


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください