博多駅ビル 女性用トイレ 混雑状況をスマホで表示

あらゆる物がネットに繋がる仕組み【IoT】を活用したサービスの1例です。

JR九州傘下の駅ビル運営会社であるJR博多シティは3月末

博多駅ビル(アミュプラザ博多)で施設内の女性用トイレ33の個室

トイレの混雑状況を知らせるサービスを始めます。

ドアの開閉状況を自動で感知するセンサーを設置し、

利用状況をアプリや3階のディスプレーに表示します。

授乳室も拡充し、若い家族連れや女性客の利便性を高めるのが狙いです!

投資額は約2億円ほど、

トイレ前に設置したQRコードを読み取ればスマホで混雑状態が確認できる

仕組みです。

一度QRコードを読み取れば、次からはスマホを確認するだけで混雑状態が

分かるようになります。

とても良いサービスだと思うんですが、

ぜひ、男性用にも設置して頂きたいものです。

私はお腹を下しやすいので、そんなときは男性だってこのサービスが利用できたらありがたいのにと思いました。

今、商業施設でこのIoTを利用したサービスの応用が進んできています。

不動産においても、部屋内での孤独死を防止するためにこのようなサービスを

利用できるようになると良いかもしれませんね。

不動産投資ランキング

👆👇励みになります!応援クリックよろしくお願いします★


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

稼ぎ方改革(不動産業)

次の記事

ベテラン社員の悪影響