博多駅ビル 女性用トイレ 混雑状況をスマホで表示

あらゆる物がネットに繋がる仕組み【IoT】を活用したサービスの1例です。

JR九州傘下の駅ビル運営会社であるJR博多シティは3月末

博多駅ビル(アミュプラザ博多)で施設内の女性用トイレ33の個室

トイレの混雑状況を知らせるサービスを始めます。

ドアの開閉状況を自動で感知するセンサーを設置し、

利用状況をアプリや3階のディスプレーに表示します。

授乳室も拡充し、若い家族連れや女性客の利便性を高めるのが狙いです!

投資額は約2億円ほど、

トイレ前に設置したQRコードを読み取ればスマホで混雑状態が確認できる

仕組みです。

一度QRコードを読み取れば、次からはスマホを確認するだけで混雑状態が

分かるようになります。

とても良いサービスだと思うんですが、

ぜひ、男性用にも設置して頂きたいものです。

私はお腹を下しやすいので、そんなときは男性だってこのサービスが利用できたらありがたいのにと思いました。

今、商業施設でこのIoTを利用したサービスの応用が進んできています。

不動産においても、部屋内での孤独死を防止するためにこのようなサービスを

利用できるようになると良いかもしれませんね。

本サイト(本音で語る不動産やさん)は、250項目以上の記事を載せています。
記事の内容はお金や保険、投資(不動産・株・FX・太陽光)、実務的な内容やメンタルの管理の仕方まで様々です。
全て無料にて閲覧頂けますので、よろしければ本サイトの『読者登録』をしてもらえると嬉しいです。
また、本サイトの記事をご参考にして頂き、少しでも皆様の生活や仕事が豊かになって頂けますと尚嬉しいです。^^

不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!