人工知能(AI)ビックデータの欠点

ここ数年において、
すさまじい勢いで進化しているAI(人工知能)

ビックデータの活用が進んでいる。

我々の生活においても欠かせない価値あるものであることは変わらない。

しかしながら、ここ最近の傾向を見ていると隠れた欠点も見えて来た。

AIとビッグデータによる凄さは生活の中で感じる人も多いと思う。

YouTubeを見ていると、自分が好きそうな趣味趣向に合わせた動画が

たくさん出てくる。

また、スマホやインターネットを通じて広告を見ていても、

自分が見ている内容にちなんだ広告が表示される。

自分がよく閲覧する内容をAIやビッグデータが解析し、

自分好みの広告が表示される仕組みにも驚かされる。

ここに隠れた欠点を感じました。

自分の指で知りたい情報をポチポチ押せば出てくる良き時代ですが、

逆を言えば、興味がない内容は表示がされにくくなるという事。

新聞も今やネットで閲覧できる時代

昔と違い、ネットで自分が興味ある内容のみ読めば済む。

しかし、新聞を紙で見ていた時代では、

普段は興味がない内容でも目に留まって意外にも驚かされたり、感心するような出来事にも触れられていた

つまり自分自身はまだ興味がなく、無駄だと思っていること

気づきや驚きもあり、しいては心の豊かさにも直結する事だってあり得る。

例えば、本サイトの目的は単に広告収入だけを狙ったものではなく、

自分が本業として行う不動産業を通じて、

幅広く実務的に知ってもらいたい内容を盛り込んでいる。

私自身の仕事(研修・相談・取引)にも活用しています。

このサイトの作成動機のきっかけの一つは、

お得意様のお客様や研修先で、
「朝でも深夜でも休みの時でも自分に相談したいことがある」
と電話を多く受けていた事です。

当初は、同じような相談内容に疲れたこともしばしば。

何か直接的に報酬が発生し続けるわけでもなく、時間は費やされる。

自分中心に考えてみると全部とは言わないが、
同じような相談内容に慣れてきて大半の時間は無駄に感じて来た。

正直にお客様にも心境をお話したこともあります。

そんなお客様の一人から、

「あなたが死んだら不安だ。誰に相談したらよいか。」

という有難いお言葉を頂戴したことがありました。

マンネリ化した生活の中で、無駄かもしれないと感じた中に、

まさか【やりがい】【存在価値を形にするチャンス】を頂けるとは

思ってもいませんでした。

冒頭にお話しした、便利でこれからも生活に欠かせないAIやビックデータの

恩恵はありがたいですが、たまにはアナログ的な生活感も取り入れると

コンピューターが気づかせてくれないチャンスや、感動もあるかもしれません。

不動産を通じて、私も生活の中にアナログを取り入れつつ、

多くの方が知りたいと思う内容をなるべく実践的にわかりやすく記事にし、

縁あってこのサイトを見て下さっている皆さんにとって少しでも学びや参考にして頂けるようなサイトになるように、

これからも尽力していきたいと思っています。

《★関連記事サイト★》👉人間力の本当の意味とは
👉ベテラン社員の悪影響

不動産投資ランキング

👆👇励みになります!応援クリックよろしくお願いします★


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

新型コロナによる経済変化

次の記事

【成功】の定義とは