駅が近い「5割超」一人暮らしニーズ

全国宅地建物取引業協会(全宅連)が2018年に18歳以上の男女2800人を

対象に実施した意識調査によると、

一人暮らしをする上で重視する点は「駅が近い」が55.5%と半数を超え、

17年より13.6ポイント増えたようです。

反対に、「間取りの広さ」は3年目と比べ、5.1ポイント減少しています。

駐車場の有無は、20ポイントも減少しています。

カーシェアやリース車の活用も盛んになり、

若者の車離れが加速しているようです。

他にも増加しているポイントの特徴としては、

「セキュリティーの有無」です。

防犯カメラやモニター付きインターフォン、屋内セキュリティなど、

物騒な世の中には安心材料の一つとして欲しいのでしょう。

これから2月・3月とお部屋探しをする人も増えますが、

入居者のニーズには一目置いて顧客と向き合いたいですね。



不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!