FX スキャルピング・デイトレード~1日以内で取引完結スタイル

FX NO IMAGE

本記事では、前記事(FXの基本的なお話)の内容にある

《1日以内で取引を完結させるスタイル》

についてもっと具体的にお話ししていきます。

これには、

数秒から数分で取引を完結させるスキャルピング

数分から1日以内で取引を完結させるデイトレード

がありましたね。

まず、これらのスタイルをとられる方は、

1日2時間や3時間など、まとまった時間をFXをする時間に割ける方向きです。

世界中の市場が時間差で開いているため、FXは基本的に平日は24時間取引可能です。
土日はどこも閉まってしまうため、取引はできません。
正確には、土曜の朝7時前後から月曜の朝7時前後(アメリカが夏時間のときは6時前後)が取引できません
それ以外の時間は、世界中のどこかの主要時間が開いているため、夜中でも取引可能です。
(開始時間と終了時間はFX会社によって多少の違いがあります。詳しい時間は各FX会社に確認してください)

日本時間の昼間は、比較的あまり値動きが上下しません。

日本時間の夜間(18時以降)は、日本よりもずっと為替取引が盛んな外国の方が多く取引をする時間なのでしょう、値がよく動きます。

値動きを体感するには、夜の時間にトレードをすることがベターかと思います。

まずは、日本人の私たちになじみの深いドル円(USD/JPY)から入るといいか

と思います。

googleなどの検索エンジンで「ドル円 チャート」と検索すると、いろんなチャートを見ることができます。今回は、2020年1月14日現在のヤフーファイナンスのローソク足チャートを参考にしていきたいと思います。

1分ごと

5分ごと

60分ごと

1日ごと

1月ごと

上から、1分おき、5分おき、60分おき、1日おき、1月おき、のチャートを掲載しました。

同じドル円のチャートでも、全然違ったチャートになりますね。

1分ごとだと 0.01円単位、
5分ごとだと 0.06円単位、
60分ごとだと 0.37円単位、
1日ごとだと 0.88円単位、
1月ごとだと 9.7円単位

となっています。

分刻み、時間刻み、日刻み、月刻みで値動きのふり幅がなんとなくおわかりいただけますでしょうか。

ちなみに、ローソク足の見方がよく分からない方は、『じぶん銀行』のサイトの説明が分かりやすかったので、ご覧ください⇒ローソク足 チャートの見方『じぶん銀行』

このローソク足チャートだけ見ても、値動きを予測することは難しいです。

世界の市場に目を向けておくことも重要ですが、

ストキャスティクス(買われすぎなのか売られすぎなのか判断するチャート)や、

MACD(買いシグナルと売りシグナルを判断するチャート)などの

テクニカル分析チャートを組み合わせて取引することをオススメします。

これらのテクニカル分析チャートの説明も、先程の『じぶん銀行』のサイトの説明がとても分かりやすかったですので、みなさんも参考にされてください。
ストキャスティクスMACD の説明『じぶん銀行』のサイト参照)

その他にも、単純移動平均線、ボリンジャーバンドなど、様々なテクニカル分析チャートがあります。
自分がこれはいいと思うテクニカル分析チャートを組み合わせてみてください。

口座を開設すると、専用アプリからログインして秒で変わる値動きのチャートを見ることができます。

1日以内で取引をする場合、

これは値が上がりそうと思ったら、買いから入り
これは下がりそうと思ったら、売りから入ることもできます。

また、損をする、と思った瞬間に損切りをすることが何より大事です。

なお、損をする、と思った瞬間損切りをしたけれど、やっぱり損切りしなければ利益が上がっていった!という経験はしばしばあります。
それでも、そのことに落胆してはいけません。
逆に、損切りしていてよかった!という値動きをすることもしばしばです。
潔く損切りをできることが、とても大事になります。

決して、さっきの損を取り返そう!と思って取引をしてはいけません。
スキャルピング・デイトレードは、1つ1つの終わった取引に心が引っ張られることなく、気持ちを切り替えて取引することが大事になります。

1日以内(スキャルピング・デイトレード)で取引する場合のまとめ

①2時間、3時間などのFXに割けるまとまった時間があること。

②できれば夜間(18時以降)に取引が出来ること。

③スプレッドが狭いFX会社を選ぶこと。

④口座を開設したら、ローソク足チャートだけでなく、ストキャスティクスなどのテクニカル分析チャートも組み合わせて値動きを予測する。

⑤損をすると思った瞬間、潔く損切りすること。

まずは少額から、レバレッジ1倍未満でされてみてくださいね。

会社によっては、デモトレードが出来るところがあります。

気になる会社を調べてみてくださいね。

次回は、1日を超えて取引をするスタイルについてお話していこうと思います。

本サイト(本音で語る不動産やさん)は、250項目以上の記事を載せています。
記事の内容はお金や保険、投資(不動産・株・FX・太陽光)、実務的な内容やメンタルの管理の仕方まで様々です。
全て無料にて閲覧頂けますので、よろしければ本サイトの『読者登録』をしてもらえると嬉しいです。
また、本サイトの記事をご参考にして頂き、少しでも皆様の生活や仕事が豊かになって頂けますと尚嬉しいです。^^



自宅にいながら高額当選率最多の西銀座チャンスセンターで宝くじを購入できますよ☆








不動産投資ランキング

▲この記事がためになったら、応援クリックお願いします ☆クリックしてもらうととても嬉しいです!▼


にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へにほんブログ村

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!