CATEGORY

その他

    • 2020年9月7日
    • 2020年9月6日

    とある不動産や(物語⑥)

    燦燦と煌めく夜のネオン街、女が男を、男が女を騙し騙されの混沌とした大都会、『宝町』にAは根付いた。 Aには絶対的な『地上げ屋』のスキルと巧みな交渉能力がある。 Aは、『家賃滞納回収』と『立ち退き』のスキルを駆使し、街の裏方として地上げ屋としての地位を確立していく。 『家賃滞納に困った時はAさん』 『 […]

    • 2020年9月5日
    • 2020年8月30日

    とある不動産や(物語⑤)

    下積みの日々を着々とこなし、充分な交渉術を得て来たAは晴れて独り立ちの日を迎えようとしていた。 イカツイおじさんも、『もうそろそろ街を出たほうがいい。これからは一人でやってみろ。』とAの背中を押す。 Aは、来週には都会に出るよ、とおじさんに伝える。 Aも都会に行く心の準備は出来ている。むしろ、早く独 […]

    • 2020年9月4日
    • 2020年8月29日

    とある不動産や(物語④)

    鞄には2,000万円しか入っていないのに、おじさんはこの状況をどうするのか。 Aは、とても緊張してきた。同時に、なぜかワクワクする気持ちも生まれる。 もしかして、1万円札でお札っぽい紙切れを挟んで1千万円分を増やして見せるのか。Aは、おじさんの行動に目が離せない。 おじさんが話し出す。『今回の取引で […]

    • 2020年9月3日
    • 2020年8月29日

    とある不動産や(物語③)

    Aは高校には行かなかった。父親には『働き口が見つかった。住み込みで働きに行く』と一言だけ伝え、母親とは顔も合わさずに家を出た。 Aは、イカツイおじさんと同居することとした。 毎朝6時には、同居のアパートから近い公園でおじさんから格闘技を習う。 9時からは、法務局で土地の謄本の見方や、登記の申請方法、 […]

    • 2020年9月2日
    • 2020年9月8日

    とある不動産や(物語②)

    Aの母親は、毎朝5時過ぎに起床する。子供達の朝ごはんの『パン』と『目玉焼き』を作り置きし、6時には化粧を終え、6時過ぎには近所のスーパーへとパートに出かける。 Aの母親は朝の6時半から12時までパートをし、一旦自宅のアパートに帰宅する。 帰宅すると、母親は父親と子供達の夕食を作り置きする。家事も夕方 […]

    • 2020年9月1日
    • 2020年8月29日

    とある不動産や(物語①)

    今日から、数日に分けてフィクションの物語を投稿していきます。お時間ある方、お付き合い頂けたら嬉しいです。 Aは、地元の小さな魚屋の次男坊、幼少期は引っ込み思案で、口数も少ない為、友達からいっつもからかわれる存在だ。 Aは、毎日近所の公園に行く。公園には砂場があり、Aは、砂場で遊んでいる近所の友達をじ […]

    • 2020年8月16日
    • 2020年8月16日

    宝町に住む孤児『クロとシロ』

    『宝町』という町は変わっている。 町には『義理人情』を大事にするヤクザの幹部『ネズミ』と呼ばれている人物がいる。 そして、生れた時から親を知らない孤児の『クロ』と同じく孤児で『シロ』という餓鬼(ガキ)がいる。 ネズミは町には町のルールがあると『クロ&シロ』に教えるが、この孤児二人には通用しな […]

    • 2020年8月1日
    • 2020年7月24日

    夏休みの自由研究

    皆さんも子どもの頃に『夏休みの自由研究』を宿題として提出された経験があるのではないでしょうか。 昆虫採集に夏花の成長期をつづったり、思い出せばとても懐かしい小学生時代ですよね。 ほとんどの子どもは、この自由研究を『付け焼刃の提出物』としてこなしていたのではないでしょうか?私は、遊ぶことに夢中でしたの […]

    • 2020年7月29日
    • 2020年7月18日

    三密自粛でも行きたいところ

    世間は『三密』に対していまだに敏感だと感じます。日本人はやはり真面目な国民性なのでしょう。 街中にはマスク着用をきちんとしている人ばかり。コンビニやスーパーのレジにもちゃんと距離をとって並んでいる姿が目立ちます。(もちろん私もマスクも消毒も欠かしていません!) 万が一自分のせいで誰かの命に関わる可能 […]

    • 2020年6月14日
    • 2020年6月12日

    ごみさんのおうち(ポエム)

    ごみさんのおうち ごみさんのおうち 今日はだれがくるかな? あっ、今日は紙に食べ残しに、、燃えるごみがたくさんきた。 まだ使えそうなものがたくさんだ。 食べ物もこんなにたくさん。もったいないな。 ごみさんのおうち 今日はペットボトルに空き缶がたくさん。 再利用されて、またごみさんのおうちにおいでね。 […]